上毛かるた「と」第4話 走り方がゆるキャラ?リーダーがゆく坂東大橋 〜 利根は坂東一の川

県外にでるときに使う人は多いんじゃないでしょうか、今回は坂東大橋を走ります!(主観)
群馬県と埼玉県を繋ぐ橋として有名(主観)ですが、調べてみると意外と群馬県側が少ないんですね。

普段は気にしたことがない橋の事がわかるなんて、なんて素敵な動画なんでしょう!
走り方がゆるキャラ!(茂木)

今回走った橋のご紹介

坂東大橋(ばんどうおおはし)

旧橋が架設される前は1883年(明治16年)に架設された木橋が存在した。 旧橋は木橋に代わるものとして埼玉県と群馬県の両県および周辺自治体が資金を出し合い、建設に約2年の歳月をかけ、1931年6月15日に開通した曲弦ワーレントラス型鉄橋であった。この橋は建設当時に計画されていた上毛電気鉄道の支線(上毛電気鉄道本庄線)と設備を共有し鉄道道路併用橋として利用される計画であった為、橋脚や橋桁が2段構造になっていた。ただし、この鉄道線の計画は橋完成直後に世界恐慌等の資金難により中止され実現しなかった。戦後、軌道用に確保されていた部分は交通量の増加により、1965年に道路として拡張された。旧橋の橋長は917.448 m、総幅員9.7 m、有効幅員は9.0 mであった。

引用 – wikipedia

全長

936m

面白かったらシェアしてみんべ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です