上毛かるた「と」第2話 クズ共と、新上武大橋デスゲームの始まり〜利根は坂東一の川

前回までのあらすじ

昭和大橋を仲良く渡った群馬よいじゃねぇの3人。
しかし、小暮の一言でこの企画の真の意味を知る事になった。

それは悪魔の様なデスゲームであった。
群馬よいじゃねぇに迫る、血で血を洗う戦いが遂に幕を開ける。

そして、勝敗を分けるアイテム「ガチャ」の登場により
さらにデスゲームは加速していく。

この速度に君はついてこれるか?

今回走った橋のご紹介

新上武大橋(しんじょうぶおおはし)

新上武大橋(しんじょうぶおおはし、Shin-Jobuohashi.Bridge)は、1992年2月20日に国道17号 上武道路開通に伴い、利用が開始された埼玉県深谷市高島と群馬県太田市武蔵島町を結ぶ利根川および小山川を渡る橋である。橋の親柱は埼玉、群馬両県のシンボルがデザインされている。

引用 – wikipedia

全長

944.493m

歴史

新上武大橋は、利根川を渡る944.5mの長大橋で、群馬県内の一般国道としては最長の橋である。計画にあたっては、橋のデザインなどを周辺の環境との調和を重視した設計された。親柱は埼玉県側が飛翔するシラコバト、群馬県側は疾走する馬をデザインしている。橋の群馬県側には尾島パーキング(料金所になる計画もあった)が設置されている。工事は1986年(昭和61年)から1988年(昭和63年)までニューマチックケーソン工法で下部工を施工、引き続き上部工を施工し1992年(平成4年)に完成した。
埼玉県側に新上武大橋に連続して橋長206.8mの取付高架[1]、および小山川と埼玉県道45号本庄妻沼線を跨ぐ橋長185.5mの小山川橋[2]とその取付高架があり、これらを含めると全長は約1.6kmになる。 橋の名前の由来も上流の「上武大橋」の新橋ということから「新」と付いた。
現在では通勤・帰宅時の混雑も激しく、深夜もトラックの通行量が多い。橋の群馬県側は4車線化となり渋滞が緩和されたが、埼玉方面は未だに2車線のため混雑が激しい。 尾島パーキングもトラックなどの長距離輸送車ドライバーの利用が多く、運転手が仮眠をとっている姿が見られていたが、2012年3月30日に前橋方面に約2kmの太田市粕川町に「道の駅おおた」が開設しそちらにシフトしたため減少した。

 

面白かったらシェアしてみんべ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です