ペヤング早食い対決で恐ろしい速度がでた【GYグランプリ】

こんにちは、群馬よいじゃねぇ土井です。

今回は群馬県で生産されているカップ焼きそば「ペヤング」で早食い対決を行いました。
そのまま食べる VS 一口で食べるという、異業種対決デスマッチという事で期待が膨らみます。

「カップ焼きそばをそのまま食べたらどうなるのか?」
その好奇心から始まったこの企画ですが、それだけだと画的にインパクトがなさそうと懸念し、
小暮が一口で食べるという意味不明な事を言いだした事で対決が決定しました。

さて、その気になる勝敗はいかに!?

ペヤング早食い対決!

撮影後記

今回は「ペヤング」をそのまま食べてみたのですが、非常に麺が固く段々と顎に痛みを感じてきました。
ソースをかけても麺に絡まないので、ダイレクトにソースの塩辛さがやってきます。

カップ麺はお湯を吸ってなんぼ、なのでしょうか。
食べている最中には唾液を吸収しまくって、口の中は常に乾燥地帯となっています。

チャレンジされるときは、水を用意する事をオススメします。

とはいえ、ペヤングは普通に作って食べたほうが美味しいです!
よい子の皆様はまねしないようにしてくださいね!

では、またお会いしましょう!

 

面白かったらシェアしてみんべ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です